サーマクールとは何か?メリットやデメリットも解説

美容医療の現場で使われているサーマクール

サーマクールとは、美容医療の現場で使われている治療機器の1つです。高周波を使ってお肌の真皮層に働きかけ、シワやたるみの改善など、お肌の若返りを促す時に用いられています。サーマクールが開発されたのはアメリカで、高い効果を期待できることから世界各国に広まり、現在は80ヵ国以上で採用されています。ちなみに高周波とは電波の一種であり、電気メスにも使われています。お肌の色素に吸収されることなく肌の深部まで届くので、安全性も高いです。

サーマクールのメリット

サーマクールによって得られるメリットは、1つではありません。まずたった1回の照射で、肌内部の脂肪層の引き締め効果が期待できます。このためフェイスラインも整えられ、たるみの改善に役立ちます。また高周波によって一時的に真皮細胞が傷つくものの、次第に修復されていきます。その過程でコラーゲンが大量に生成されるので、ハリのある若々しい肌へと導くことが可能です。さらにサーマクールは皮脂腺を収縮する働きもあり、ニキビの予防にも役立ちます。美容において良いこと尽くしの治療機器であり、注目度も高いです。

サーマクールのデメリット

サーマクールのデメリットは、年齢や肌の状態によって効果に差が出てしまうことです。新陳代謝が盛んに行われていない場合、サーマクールによって得られる効果が低くなってしまいます。またケロイド体質の方は、サーマクールによる治療を受けられません。その他2~3日のダウンタイムが必要になること、料金や費用が高額であることも、デメリットだと言えるでしょう。

サーマクールとは、肌深部の細胞を活性化させることにより、美顔効果を得るものです。細胞の活性化には、高周波が用いられます。