一般的なもの以外にどんな種類がある?誰が受けるの?

一般的な仕事をしている人や主婦などが受ける

大学を卒業して就職する職場は、オフィス街などのオフィスビルが多くなります。それぞれにデスクと椅子が貸与され、そこで仕事をします。書類を作成したり、会議に出席したり、時には顧客と話をしたりします。人によっては重いものを持ったり自動車の運転をする人もいますが、仕事のメインではありません。これらの仕事は一般的な仕事となり、体に対する負担は大きくないと言えるでしょう。健康診断の種類としては、まずは一般的な人が受けるものがあります。同じような健診は主婦など仕事をしていない人も受けます。それほど細かい内容を調べるわけではなく、血液や尿などを調べて以上のあるなしがチェックされます。異常があれば、再検査や別の検査を受けます。

特別な仕事をしている人に対して行われる

かつて日本には多くの炭鉱がありました。工業生産などではエネルギーが必要で、そのエネルギーに石炭を用いていました。石炭は人が掘る必要がありましたが非常に劣悪な環境で仕事をしていたとされます。亡くなる人も多く、特別な措置が取られていました。日本における石炭採掘業はほとんどなく、人が直接掘る仕事はないようです。ただ、それに近い劣悪な環境で働く場合、一般的な人よりも体に異常が発生しやすくなります。そこで、健康診断でもより細かく調べるタイプのものを受けます。粉じんなどが出る場所や有機溶剤や鉛を使う仕事、電離放射線を使う仕事などでも病気になる危険性が高いとされています。早期発見早期治療のために、より細かい診断項目が設定されています。

健康診断なら千葉で医療機関を探す方法がおすすめです。血液検査や心電図など、さまざまな健康診断を受けられます。